立派な会見

日大アメリカンフットボール部の反則タックルについて

当事者である日大の宮川選手の記者会見を聞きましたが

大学運動部で絶対的権力を持つ監督・コーチの指示で犯した反則を

あくまで 自分の意思の弱さがさせたものという考えを述べたのには

この青年の立派な人間性に感動を覚えたのは私だけではないでしょう

犯してしまった反則は取り返しのつかない汚点ではありますが

二十歳の将来性のある若者が青春をかけて頑張っているスポーツに

大人の高圧的指示がゆがんだ結果を招いたこの事件を

あくまで 自らの判断力の無さだと反省する姿には

大人の一人として 大いに考えさせられる場面でした

こんな若者こそ将来の監督・コーチとして活躍してもらいたいものです



この記事へのコメント

うぐいす豆
2018年05月23日 07:24
本当立派な会見でしたね。 勇気を持って会見をしましたね本当立派です。(*^_^*)

この記事へのトラックバック